Work Life Balance

Happy Life♥

連載コラム vo.12

(株)ワーク・ライフバランス代表小室淑恵が語る

仕事と暮らしのハーモニー

 1年間連載させていただきました本コラムも今日で最終回。皆さん、ワーク・ライフバランスという考え方の素晴らしさに気づいていただけましたでしょうか?「なんとなくわかったような気がするけど」「でも実践するのは難しそう」「私にはできないかも」…そんなふうに思う人もいらっしゃるかもしれません。

 

 かくいう私も、つい最近まで「子育てしながら仕事も完璧にできる人はきっと人間離れしたスーパーウーマンなんだろうな。不器用な自分には無理かな」と思っていました。起業を考えるようになってからは「リーダーになったらワガママを言えない立場になる。私は自分のライフをガマンしないと会社を回していけないかも…」とも思っていました。結果的には、それは大きな間違いでした。

 

 私の右腕である創業メンバーが妊娠した際、それまで「私だけが特別じゃない。この職場では誰でも事情があっても働けるんだからね」と伝え続けたことが功を奏して、彼女も生き生きと両立し始めたのです。「目の前で社長の育児を見てきたので、不安が軽減されてありがたかった。だから出産で仕事を辞めるなんて一度も考えなかった」と彼女が言ってくれた時には本当に救われた思いでした。下に続く社員たちも今ではいろいろな事情をオープンにして、配慮しあって助け合う状態が自然に形成されています。

 

 仕事を始める前は、働くことは、苦労してがんばって歯を食いしばって達成感を得るものだ、と思っていました。でも、私生活も大切にして、仲間とコミュニケーションを取りながら、連携しあい支えあって働くうちに「仕事そのものが楽しい!」と心の底から思えるようになりました。

 

 仕事を楽しみたいからこそ、仕事で成果を出したいからこそ、私生活を大事にしてみてください。そして、人生を共にするパートナーにも、そんな働き方を教えてあげてください。男性のほうがむしろ、このワーク・ライフバランスの素晴らしさは知らない人が多いかもしれません。あなたが実践して輝くことで、パートナーの人生も豊かになり、あなたにあこがれて後輩も続くことでしょう。一人でも多くのかたが、ワーク・ライフバランスで人生を輝かせてもらえると嬉しいです。私も毎日一緒にワーク・ライフバランスに挑戦していますので、ぜひHPやブログをたまに覗いてみてくださいね! https://work-life-b.co.jp(第12話終)July 2009